新型コロナウイルス感染症拡大防止への取組みに伴うお知らせ

新型コロナウイルス感染症拡大防止への取組みとして、国連大学協力会では、職員の時差出勤や在宅勤務を励行しております。そのためお電話の対応が行き届かない場合がございます。ご不便をおかけいたしますが、国連大学協力会のメールアドレス(jf@unu.edu)へのご連絡、または当ホームページの資料請求・お問合せのページからのご連絡をお願い申し上げます。 なにとぞご理解を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

jfUNU Newsletter 39号発行

国連大学協力会の広報紙「jfUNU Newsletter」の最新号が発行されました。 こちらからご覧いただけます。

国連大学協力会 理事会・評議員会が開催されました

2020年10月20日、国連大学協力会の第55回理事会・第32回評議員会が開催されました。冒頭、国連大学のデイビット・マローン学長から国連大学協力会に対して感謝の辞が述べられました。また国連大学サステイナビリティ高等研究所の山口しのぶ所長から同研究所の研究活動、教育活動や大学院入学選考について報告がありました。 会議では、2021年度の事業計画及び予算、当面の資産運用計画について審議を行い、異議なく承認されました。また、今後のファンドレイジングについても活発に議論が行われました。

UNU-IAS大学院学位授与式

2020年7月21日、国連大学サステイナビリティ高等研究所大学院の学位授与式が初めてオンラインで開催されました。修了生は博士課程、修士課程あわせて13名で、うちjfScholarship for UNU生は修士課程2名、博士課程2名の4名でした。 国連大学協力会から修了生全員へ記念品の錦絵の団扇を贈呈いたしました。さらに今年は本法人をご支援くださっている皆さまからグッズをご提供いただきました。この場をお借りして御礼申し上げます。修了生にとって日本滞在の思い出の品となれば嬉しい限りです。

国連大学のデイビッド・マローン学長が日本の皆様に向けてメッセージを寄せました。

「私たち日本に拠点を置く29の国連諸機関は、新型コロナウイルス感染症への対応において、素晴らしい回復力を示された日本の皆さんとの連帯を表明します。国連は、力を合わせることで、人々の命と暮らしを守るための変革をもたらすことができると強く信じ、国連システム全体をあげて、世界中の政府の対応と人々の復興を支援しています。日本もその欠かせないパートナーです。新型コロナウイルス感染症の世界的大流行は人類の悲劇です。しかし、グローバルな健康と平和、繁栄を実現するために、世界が一体となる機会でもあります。全ての人にとってより包摂的で公正な、そしてより持続可能な未来を目指した「より良い復興」の推進を支援していきます」 国連大学のTwitter アカウントはこちら

jfUNU Newsletter 38号発行

国連大学協力会の広報紙「jfUNU Newsletter」の最新号が発行されました。 こちらからご覧いただけます。

チャリボンのご報告(2019年分)

国連大学協力会では、国連大学への支援の方法の ひとつとして「本で寄付するチャリボン」を行っています。ご家庭や会社で不要となった本やDVD・CDを寄付していただくと、その買取査定相当額が、国連大学協力会を通じて国連大学の活動に役立てられます。 2019年の年間のご寄付は、 129,463円でした。 たくさんの本をご寄付いただきありがとうございました。2020年もよろしくお願い申し上げます。

jfUNU Newsletter 37号発行

国連大学協力会の広報紙「jfUNU Newsletter」の最新号が発行されました。 こちらからご覧いただけます。

Halloween Challenge 2019

10月30日、国連大学大学院生のみなさんとハロウィンを楽しみました。 学生を国連大学協力会の事務所にご招待し、簡単なゲームをして親睦を深めました。 箱の中からカードを引き、描かれているイラストについて日本語で答えてもらうというものです。一見答えるのが難しそうなおばけのイラストには、『妖怪!』という答えが飛び出しスタッフも驚きました。 また、学生からJFUNU STUDY TOURについての質問もあり、日本の企業や歴史、文化への関心の高さも伝わってきました。 今年の7月に修士課程を終えた修了生もたずねてくれて、これからの進路についてなど近況を聞くことができ、なつかしいひと時も。 今後も学生のみなさんに気軽に事務所へ訪れてもらい、国連大学協力会が身近な存在となることを願っています。