国連大学、ドレスデンに新研究所を開設

2012年12月10日、国連大学はドイツのドレスデンに国連大学物質フラックス・資源統合管理研究所 (UNU-FLORES)を正式に開設しました。

UNU-FLORESの使命は、とくに開発途上国や新興国が関心を寄せる、水、土壌、廃棄物資源の持続可能な利用と統合的管理に関する緊急性の高い問題の解決に取り組むため、研究、教育、上級訓練、能力育成、知識の普及を通じて寄与することです。

持続可能な開発の促進という国連大学の包括的な使命に沿って、UNU-FLORESは、資源管理に及ぼす地球変動の影響と、資源管理のグリーン経済との関係について考慮しながら、環境資源である水、土壌、廃棄物の持続可能な利用に向けた統合管理戦略の開発を進めていきます。UNU-FLORESは、対象および地域に特有の知識の創出と移転を促進するとともに、大学院教育および専門教育を提供します。

この記事についてTwitterでつぶやく

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.jfunu.jp/mt/mt-tb.cgi/238

コメントする

非掲載
非掲載