国連が日本へ、被災者へ、応援メッセージを配信。マイケル・ダグラス氏、スティーヴィー・ワンダー氏も

国連大学ビル内にある国連広報センター(UNIC)が開設しているYouTubeオフィシャルチャンネルで、潘基文(パン・ギムン)国連事務総長をはじめ、マイケル・ダグラスさん、スティーヴィー・ワンダーさん、五嶋みどりさん、ワンガリ・マータイさん、ユネスコ親善大使など、国連ピース・メッセンジャーや国連関係者から日本の被災者へ向けた応援メッセージが配信されています。

潘事務総長が、「日本は決して一人ぼっちではありません。私たちは常に日本の人々とともにあります」と日本語で語りかけている他、「この地球で共に生きる仲間として、日本の皆様の友達として、皆様が耐え忍んでいらっしゃる姿を見て、私たちは心を痛めております」(ワンガリ・マータイ氏)、「皆様は私の家族です。日本を愛しています」(スティーヴィー・ワンダー氏)、「被害者の方々はもちろんのこと、日夜救出に携わる人々の忍耐と互助、勇気によって、復興という言葉が過去のものとなる日が遠くないことを確信し、一日でも早くそのときを迎えるために、できる限りの応援を続けるつもりです」(五嶋みどり氏)と、被災した人々へ思いを寄せながら、日本の復興を信じ、世界がひとつとなって支援する、との力強いことばが発信されています。

この記事についてTwitterでつぶやく

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.jfunu.jp/mt/mt-tb.cgi/157

コメントする

非掲載
非掲載