ツイッターロゴ

イベント

国連大学は、インドのチンマヤ農村開発機構(CORD)においてナショナルディレクター兼理事を務めるクシュナ・メトレ博士との対談「Conception of Self-help Groups and Experiences of CORD(自助グループについての考え方とCORDの経験)」を開催いたします。
国連大学対談シリーズは、ご参加の皆さまとの交流の促進を目的としています。すべての参加者は、対談中、また対談後のレセプションにおいて、講演者 に直接質問することができます。また、対談後に提供される飲みものとビュッフェ形式の軽食をとりながら、意見交換や新たな人脈作りの機会としてお役立てください。本イベントは英語のみで行われ、日本語への通訳はございませんのでご了承ください。

*本イベントは英語のみで行われ、日本語への通訳はございません。また、ご案内も英語のみとなりますのでご了承ください。

On 26 May 2015, UNU-IAS, jointly with the Japan Society for the Promotion of Science (JSPS) and the National Research Foundation, South Africa (NRF), will organize a roundtable discussion on the challenges and opportunities in supporting young researchers engaged in education and research for sustainable development, especially in Africa.

金沢市は、ユネスコ創造都市ネットワーク、クラフト・フォークアート部門のメンバーであり、2015年5月26-27日にユネスコ創造都市ネットワークの年次会合を開催します。世界中の創造都市ネットワークメンバーが一堂に集うこの機会に、国連大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティングユニット(UNU-IAS OUIK)は、5月28日(木)に石川-金沢生物文化多様性圏の提案~都市文化と里山里海をつなぐ「石川-金沢モデル」と題した国際シンポジウムを開催いたします。本イベントは英語のみで行われ、日本語への通訳はございませんのでご了承ください。

最新ブログ

アナウンスメント

期間:

2015年8月31日(月) – 9月3日(木)

テーマ:

国連とグローバルイシュー ポスト2015アジェンダ 生命・倫理・尊厳の保障

募集締切:

2015年5月31日

クシャマ・メトレ博士の講演会

国連大学グローバル・セミナー第31回湘南セッションでは、ポスト2015年の時代において、人類が対面している健康な生活を保持するための問題や、ジェ ンダー、人口そして世代の問題について議論し、これらの問題の解決に向けて、国連がどのような役割を果たせるかを考えていきます。

コースの内容などの詳細はパンフレットをご覧下さい。

アナウンスメント

昨年UNU-IASは、修士課程および博士課程(サステイナビリティ学研究科)を対象とした独立行政法人 大学評価・学位授与機構による第三者評価を受審しました。2015年3月26日にその結果が発表され、本学研究科が「機構の定める大学評価基準を満たしている」と評価されました。

ニュース

2015年3月16日、国連大学は外務省と協力して国連創設70周年を記念するシンポジウム「岐路に立つ国連:改革と刷新の年に向けて」を開催し、潘基文(パン・ギムン)国連事務総長と安倍晋三首相が出席しました。

今日のUNUチャンネル

国連大学(UNU)は、東京に本部を置くグローバルなシンクタンクおよび大学院教育機関です。
このビデオアニメーションでは、E-waste(電気電子機器の廃棄物)と人間の安全保障に関する2つの主要プロジェクトの例をあげながら、国連大学について分かりやすく説明します。
2014年に新しく設立され、安全保障や開発に関する新たな知見の創出が期待される「政策研究センター」についてもご紹介します。

日本における国連大学創立40周年を迎えるにあたり、このビデオアニメーションでは、世界中に分布された専門性の高い研究所のネットワークによって構成される国連大学が、どのように効果的で効率的な活動を行い、比類ないシンクタンクとして組織されているかを解説します。

 

banner_support banner_supporter

国連大学協力会の出版物

jfUNUニューズレター23号

jfUNUニューズレター20号

理事会・評議委員会報告/企業見学会を実施しました。

jfUNUレクチャーシリーズ9/環境と平和(武内和彦編)

jfUNUレクチャーシリーズ9

「環境・開発」と「平和」を「未来共生」の観点から現在、地球上に存在する重大な課題を統合的に捉え、未来へバトンタッチするため人類と地球環境の持続可能性を総合的に探究する。

国連大学と国連大学協力会(2014)

jfUNU2013

国連大学と国連大学協力会の関係をまとめた小冊子です。(pdf:6MB)

OurWorld2.0

なぜ貧しいアフリカの村に住む母親は、自分の娘を学校に行かせる代わりに、年配男性の第2または第3夫人として嫁がせてしまうのか?こうしたことで、貧困は親から子へ受け継がれる。また、なぜフィンランドのような先進国の辺地の村に住む少年が学校を中退して、衰退する田舎で結婚もせず一生を終えるのか?こうした疑問の解決に、経済学者はどのような形で貢献できるのか?
続きを読む